徹底リサーチ☆TESOLを留学で学ぼう

TESOLの資格と留学について

ホーム > TESOLを留学で学ぶには > TESOLの資格と留学について

TESOLの資格と留学について

英語教授の資格には様々なものがありますが、その中の一つで英語が母国語ではない人に英語を教えるための資格にTESOLがあります。
留学生はもちほん移民として英語圏に来た人に対して英語を教えるための資格であり、TESOLの資格を持っていることで、一定水準以上の英語レベルがあるという証明にもなります。
TESOLの資格を取得するためのコースの一環には、英語圏で暮らす生徒の気持ちを理解することを学ぶという名目もあり、ただ英語力が高ければそれで良いというわけではないということは明らかです。
特に、コミュニケーション能力を重視した英語教授法を学ぶことができるのがTESOLの特徴の一つであり、他人に教えるために学ぶと同時に、自分の英語力もバランスよく伸ばしていくことができます。


TESOLは世界中で広く知られている資格の一つであり、取得することで日本はもちろん世界でも英語教師としての自らの質を証明することにもつながります。
英会話を教える立場になりたいと考え求人を探す時に、TESOLが必須となっているケースもあるほど知名度がある資格です。
主に英語教師として必要とされる実践教育法と、語学能力に重点を置いた授業が行われることになります。
教師としてのプレゼンテーションやリサーチの仕方も学んでいけるので、自分自身の英語力の向上にも繋がっていきます。
授業だけではなく、異文化コミュニケーション論や教材選択なども学ぶので、英語教師を目指す人はもちろんのこと、実際に教師として働いている現役の人のスキルアップにも適していると言えることは確かです。


TESOLと一口にいっても、英語を教えるということに対して重点を置いいているコースもあれば、英語のメカニズムといった理論を重視して学んでいくコースまで、様々なコースがあります。
自らの求める内容とレベルに合ったコースを選んで学ぶことが重要ということは確かです。
TESOLの資格を取得することにより、英語教育を必要としている大半の国で仕事を見つけることができるので、役に立つ資格となっています。
もちろんTESOLの資格を取得したら誰もが英語教師として働くことができるというわけではなく、一定水準以上のレベルであるということの証明になるだけなので、良い働き先を見つけることができるかは、その後の自分の努力にかかっています。
明るい未来への第一歩として考えておくべきではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP