徹底リサーチ☆TESOLを留学で学ぼう

事前の準備をしっかりしてTESOLを学びましょう

ホーム > TESOLを留学で学ぶには > 事前の準備をしっかりしてTESOLを学びましょう

事前の準備をしっかりしてTESOLを学びましょう

留学を考えている人はTESOLという言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。
TESOLというのは、英語が母国語ではない人に英語を教えようとした際に学んでおくべき内容のものです。
TESOLは資格ではないのですが、コーチング理論や異文化コミュニケーション理論などを学ぶ事が出来、また学位の取得ができるため、就職などに有利に働きます。
以前は海外に留学して学位取得を目指すことが多かったのですが、インターネットが普及してからは海外の大学がオンラインで授業を行なっていることもあるため、日本にいながら海外の大学で学ぶこともできるようになってきました。
海外に行ける場合は海外で、時間や仕事的に厳しい人はオンラインでそれぞれ学ぶことができるため、斡旋会社などで相談してみると良いでしょう。


海外でTESOLを学びたい場合、斡旋会社に相談に行く前に、どこにいきたいか、期間はどのくらいを考えているのか、どのくらいの金額を考えているのかをまず決めましょう。
斡旋会社によって、斡旋に強い地域と弱い地域がありますので、まず自分の希望をはっきりとさせる事が大切です。
また、老舗の学校に行きたいか、新しい学校に行きたいかによっても行く地域は変わってきます。
イギリス、オーストラリアなどは昔からTESOLの学位取得を目指す留学プログラムを多く作っていますが、フィリピンなどは比較的新しい学校が多いと言えます。
フィリピンなど東南アジアで学ぶメリットはやはり安いという事です。
オーストラリアにいく半分程の値段でフィリピンでは学ぶことが出来るため、安く行きたいという人にとっては良いでしょう。


TESOLを海外で学ぶと決めた場合、訛りのある英語も学びたいと思えば、オーストラリアやイギリスがおすすめです。
オーストラリアンイングリッシュ、ブリティッシュイングリッシュは同じ英語でもかなり異なるものがありますので、そのような違いも日々の生活の中で学びたいのか検討してみると良いでしょう。
学校だけではなく、日々の生活のなかで学ぶ事はとても多いといえます。
学校に日本人が多いか少ないかも海外で学ぶ際には大切なことになります。
最後に、場所などをあらかた決めたら、いつから出発出来るのかを必ず確認しましょう。
老舗の大学になればなるほど、入学の時期は年に2回ほどと決まっています。
いつでも入学出来るわけではないので、大学に入学する前に語学学校にしばらく通うのか、日本で準備をするのかなど考えて斡旋会社と相談しましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP