電子タバコの持つ3つのメリット

電子タバコのメリットとして1つ目に挙げられるのは、「禁煙対策になる」ということです。煙(実際は蒸気)の元になるリキッドと呼ばれる液体にはニコチンやタールが含まれていないため、禁煙中の口寂しさを紛らわせることできるという点で便利だと言えるでしょう。また有害とされる副流煙の発生もないため、家族や周りの人に迷惑をかけないで済むというメリットもあります。2つ目に挙げられるのは、「節約になる」というメリットです。例えば普通のタバコを1日1箱吸う場合は、1ヶ月で1万円以上の費用がかかってしまいますが、電子タバコの場合だとリキッド1本分の費用である1000円程度で1ヶ月間楽しむことができます。ただし、5000円~1万円程度の初期費用は必要になりますが、それでも数ヶ月以上使用するのであれば普通のタバコよりかなり経済的だと言えるでしょう。そして3つ目に挙げられるのは、「香りがよい」というメリットです。フルーツの香りがするリキッドは女性にも人気がありますし、その他にもさまざまな香りのものがあるため、自分の好みに合ったリキッドを見つけることができるでしょう。

電子タバコで使う「リキッド」の基礎知識

電子タバコは、普通のタバコと違って、「リキッド」という香りつきの液体を蒸気に変換して吸い込むという仕組みになっています。このリキッドには、基本的にニコチンやタールといった成分が入っていないのが特徴であるため、禁煙などに利用される場合があるほか、香りを楽しむなどの目的で利用されています。リキッドの香りの種類としては、フルーツ系のものやメンソール系のもの、そしてタバコ味のもの(ニコチンは入っていない)などがあります。また、海外ではニコチンが入ったリキッドも販売されており、個人輸入などで入手することは可能ですが、日本での販売は規制されています。リキッドの成分は、プロピレングリコールとグリセリン、そして香料などになり、その配合によって煙(蒸気)の濃さなどに違いを出しています。プロピレングリコールは食品や化粧品にも使用される成分で、人体への影響は低いと言われています。そしてグリセリンは、海藻や動物、人間の身体にも含まれる成分であり、甘みを持つという特徴があります。

電子タバコで禁煙効果をもたらしましょう

タバコとは、誠に不思議なもので、健康に悪いと知りながらも止めることが出来ないと言う人が、多いことです。中には、ヘビースモーカーでも止めることが出来たと言う人もいることから、自身の気持ちの問題と言う意見も多くみられます。禁煙をするために、いろいろな工夫をするようになりました。今では、禁煙外来と言う病院まで表れ、止めることが出来ない人を患者として扱われるまでになりました。禁煙をして辛いと感じる時、それはタバコを吸えないストレスを感じる時と言われます。そのストレスを感じた時、電子タバコを代わりに吸うと言う方法も、禁煙効果を生むと言われています。煙でなく、水蒸気を吐き出すことで、タバコを吸う感覚を維持出来る良さが人気になっています。電子タバコを吸い続けることで、いつしか本物のタバコから遠ざかることが出来ることになるのでしょう。